イベント情報

2017年11月23日 10:30

【会場:poco a bocco】ズバッと解決!田口圭二の”〇づけ”トーク

  「〇づけ」でやることは、とてもシンプルで特別な技術は何も必要ありません。

誰でも、どこでも、今から使え、しかも即効性抜群!
過去と相手は変えられません。
あなたが本当に何かを伝えたかったら、自分のコミュニケーションを変えましょう。

「〇づけ」は講師が30年間運営する右脳教育・七田チャイルドアカデミーで実践されてきました。
また、脳の取り扱い説明書と言われるNLPトレーナーとしてコミュニケーション法を10年に渡り伝える中で培い、そこにカウンセリング技法のひとつであるブリーフセラピーのエッセンスを取り入れた独自の手法です。
楽しくトレーニングするうちに、いつの間にか身につけることが出来ます。

☆☆☆以下のような効果を得ることが出来ます☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

□コミュニケーションの本質がわかります。
■これまで苦手と思っていた人間関係の真の理由がわかります。
□相手の想いをくみ取れる観察力を磨くことができます。
■無意識でやっている自分自身のコミュニケーションを知ることができます。
□自分自身のコトバ・非言語を変えることで、他者への影響力を増すことができます。
■職場の人間関係が確実に変化し、お互いを尊重し合える空間へと変わるでしょう。
□誰かに「◯づけ」することにより、自分自身にも「◯づけ」することになり、あなたの人生がより豊かになるでしょう。
■あなたが教育関係者なら、生徒たちのヤル気に溢れ、充実感や達成感を感じながら成長する姿を目の当たりにするでしょう。
□あなたが医療・福祉関係者なら、患者や利用者の笑顔と喜びの声を聞くことができるでしょう。
■あなたのビジネスで、顧客との人間関係がスムーズになり、結果を残せる仕事に満足感を覚えるでしょう。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

【前回の参加者の声】
『わたしも高2の息子と人生のことなどたくさん話してみようと思った。話の切り出し方がとても参考になりました。NLPの復習も出来ました。参加出来てよかった。』   
 

『雑談の中から色々なテーマを先生が拾い出してくださって興味深いお話をたくさん聞けました。ありがとうございました。実践したいと思います!』
  
『「自分をコントロールできるようになる」一体化、分離化の話が興味深かったです。自分の感情には鈍感なので訓練してみたいなと思いました。』
   
『コミュニケーションについて漠然とは分かっているつもりでしたが改めて考えさせられる大変良い機会でした「コトバよりも非言語」が大切であるということ。訓練が必要みたいなので、まず今日帰ってから始めてみようと思いました。また受講させていただきます。本当にありがとうございました。』
  
  
        
開催日 H29.11.23(祝)  10:30~15:30 
会場

poco a bocco(佐賀市水ヶ江2丁目11-1)


講師

田口 圭二

・日本NLP総合研究所代表
・日本マスタリーコミュニケーション代表理
・米国NLP協会認定トレーナー
・〇づけ開発者・メタトレーナー

1989年に幼児教育・右脳教育の第一人者七田眞先生に出会い、その教育理論を実践し広めるために七田チャイルドアカデミー教室を開講する。
福岡両県にまたがり4教室を主宰。2014年(一社)日本マスタリーコミュニケーション協会を設立。市民生活のコミュニケーションの質的向上に努め、企業・教育の健全な発展に資する。
主著『〇づけ子育て』発刊。http://www.maruzuke.com/index.html

対象 どなたでも
定員 10名
参加費

3,500円(弁当付)   
⇒昼食は講師とのQ&Aタイムを兼ねています

持ってくる物

筆記用具

お子さま同伴 ネンネの赤ちゃんのみ同伴いただけます

 






ふると納税で応援してください
 『ホッと一息、明日の元気』

『NPO法人 poco a bocco』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。~ NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) ~

NPO法人 poco a bocco

TEL:0952-60-2152
MAIL:contact@pocoabocco.jp

*******************************

poco a boccoイメージソング
〔少しずつ、少しずつ〕

music by flat five dyna
key 江口 朱美/syn 古賀 千代子
gu 石田光広/ba Benjamin Blue
dr 石井 将史/vo 吉武愛子

*******************************

ページの先頭へ